中途採用に受かる!転職マニュアル

ずっと私服勤務だったのでスーツがない!
ビジネスに合うかばんがないとお悩みの方!
必需品リストでそろえて面接に望みましょう!

中途採用の挨拶について

●採用前の挨拶

まずは採用面接時の挨拶についてです。
面接時、会場、面接室に入るとき、挨拶は必ず必要です。
そもそも挨拶の出来ない人は社会人のマナーが無いと思われるのは当然の事です。
入るとき、出るとき、電話するときなど、礼儀正しく振舞うのがよいです。

事務は形式的な挨拶でいいですが、営業などは、 若いのであれば元気がなければなりません。
大抵相手の必要な人材と言うのは面接時などに読めると思います。
その相手が欲しい人材だということ、 もしくは欲しい人材になりきることが中途採用で就職する上重要なことです。

●採用後の挨拶


次に中途採用で就職できたとします。
中途採用で採用されればこっちのものです。
ですが、私が今の事務職に転職したとき、転職者は1人、 しかも誰も転職したことを知らず、定員割れもしていない状況で 紹介されたとき、みんなの顔がえ!?ってなりました。

しかも配属は新卒と同じ場所でしたから、20代後半の男性が突然 専門学校生がやるような仕事場に来てやりづらかったと思いますよ。
でも努力の結果いまでも仕事を続けています。

他に、後から転職してきた人で、中途採用の紹介の挨拶で、 「いずれ追いついて追い抜いてみます」と意気込んでいた20代後半の男性は 見事精神が折れていました。

意地悪とはいわないですが、特に事務の仕事で 挨拶の時に周りに敵意と言うか、熱くさせる言葉は禁物です。
事務の人はひっそり、面倒な人間関係の中で仕事をしているわけですから、 なじむことが最大の努力が必要な点です。

上記のように、社会人経験のある人の挨拶と言うのは、 場所、場合、などにより臨機応変に行うことが大事で、 転職と言うリスクは多大なもので、
なじむ努力と言うのが必要と言うことはいうまでもありません。
楽天ウェブサービスセンター

交通手段・宿泊施設

Copyright(C)2010-2015 中途採用に受かる!転職マニュアル All Rights Reserved.
IT業界から異業種に転職活動に成功した管理人のホームページです。
転職を成功させるにはまず身だしなみ!ビジネスマナーと感謝の気持ちでメーカー勤務!